不動産投資は「○○○」で節税と相続対策


不動産投資は「○○○」で節税と相続対策
ポイントは「個人の所得税が増税。法人の法人税は減税。」

不動産の経営やアパート経営によって家賃所得を得ている場合、
他の所得と合わせて課税所得が2,000万円程度を超えたら「財産を管理する法人」の設立を検討することが望ましい
と、以前から言われていました。

その理由は、主に節税対策です。

法人化が節税対策につながるのは、何故か・・・

ポイントは「個人の所得税が増税。法人の法人税は減税。」

不動産の経営やアパート経営によって家賃所得を得ている場合、
他の所得と合わせて課税所得が2,000万円程度を超えたら「財産を管理する法人」の設立を検討することが望ましい
と、以前から言われていました。

その理由は、主に節税対策です。

法人化が節税対策につながるのは、何故か・・・個人と法人の税金が違うからです。

実際には法人化に伴うコストなどもありますから、所得が概ね900万~1,000万円以上になったら、法人化を検討するかたが多いです。

ここでいう所得とは、不動産所得に給与所得などの他の所得を含めた合計金額です。

たとえば、約600万円の給与がある会社員が1棟マンションに投資をして不動産所得を得れば、すぐに合計所得は1,000万円前後にはなる数字だと思います。

管理先の取引先のオーナー様に喜んで頂けるひとつのきっかけかもしれませんね。

一度シュミレーションしてみてはいかがでしょうか?

最近は、金融機関や不動産会社様からのセミナー依頼やお客様への同行が増えていきました。

ご要望がありましたら、お気軽にお声かけください。

トピックスの最新記事

新着情報の最新記事

お問い合わせ

092-432-9911
受付時間 9:00~18:00
土日・祝日・年末年始除く
お問い合わせフォーム